読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月28日 茨城反貧困メーデー 2013 in つくば ―「絆」なんてどこにある― を開催します!

 

f:id:ibarakiantipoverty:20130423152859j:plain

    

     茨城貧困メーデー 2013 in つくば

 」なんてどこにある、たちはをつなげばいいんですか

 

[日時]28日(日) 13時30分~ 集会:リレートークと応答

             16時~    デモ(つくば駅周辺)

[集会場所]つくばカピオ 3階中会議室

つくば市竹園1-10-1 つくば駅より南へ700m:http://www.capio.tsukubacity.or.jp/traffic.htm

  ※会場には利用者専用の駐車場がありませんので、周辺の駐車場をご利用ください。

[参加費]500円(困窮者は無料)

[主催・お問合せ]茨城反貧困メーデー実行委員会

   ibarakiantipoverty@yahoo.co.jp/080-5459-9576(鈴木)/090-8441-1457(加藤)

------------------------------------------------------------------------------

f:id:ibarakiantipoverty:20130423145255j:plain

 

なんてどこにある ―― 被災地に住む、あるお母さんの発したこの言葉から、わたしたちは今年のメーデーを始めることにしました。

 

絆とか復興とか頑張ろうとか、はたまた領土が危いだとか、大きな、文句を言わせない国家的符牒をかぶせられた社会の内側で進行してゆく叩きあいや弱い者いじめ。絆なんてどこにある?職場で退職強要のひどいパワハラを受け続け、同僚は誰も味方してくれない人。いきなり一方的に首を切られ住処を追われて、生活保護申請に行けばまるで悪いことをしているかのように扱われる家族持ちの人。会社がのしかける過重な責任を自ら負い込んで過労自殺へと赴く人。長い辛苦の末に博士になったけれど一寸先は闇、あるのは借金だけの大学院生……何もかも捨てて逃げてきたのに国もあの犯罪企業も補償してくれず、帰ることもできず、生活を根こぎされたままの避難者……存在自体を否定される暴言を公然と浴びせられる在日朝鮮人―― 集会では、わたしたちのすぐ隣にいる、孤立の中で生きている4人の方たちにお願いしてリレートークをつないでもらい、自分たちの孤立と孤独の中へと下りていってみたいと思います。いったん下りたら今度は浮上して、街の中へ!かんたんに「絆」なんて口にしない。共にてんでに声を上げて、街にかぶさっている決まり文句の蔽いを切り裂いてやりましょう。

 

行き場のない不安定労働者が自分たちのために始めた県内初にして唯一のこのインディーズ系メーデーは、働く人にとどまらず誰でも参加できるイベントです。アルバイト・パート・派遣・フリーター・非常勤などの非正規雇用者はもちろん正社員も、どこかの組合に入っている人も入っていない人も、働いてない人も働きたくない人も働きたい人も、学生も生活保護受給者も主婦も主夫も、外国人も避難者も農民も障がい者も野宿者も引きこもりも、教師も研究者も同性愛者も自営業もルンペンも年金生活者も職人も公務員もニートも中小企業経営者も漁民も日雇いも病人も乳幼児も子どもも中学生も高校生もボランティアも、そしてこの貧しいリストを無限に拡大しつづけてくれる人たちに開かれた、言いたいことが言える自由な場所として。

 

2009年から始まったメーデーinつくばの実行委員会、言い出しっぺのところへどういうわけかいろんなわけありで引き寄せられては離れてゆくばらばらな者たちの、今は20代から60代までの集まりでやっています。興味のある方、ためしに一緒にやってみたい方のご連絡も、お待ちしています。

…「茨城」って名のってるし、つくば以外の場所でもやんなきゃなぁ…とは思って  いるのです。やりたいひと、いません?

 

 

 

※運営上の確認:

政治的な立場の違いを暴力により「解決」することを実践または正当化する団体の参加はおことわりします。