読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5/1はたらかないはなぜいけない ▲私たちはウンコ製造機だ▲

茨城反貧困メーデー2016 in 土浦    ビラ.PDF

はたらかないはなぜいけない

▲私たちはウンコ製造機だ▲

2016/05/01 (sun)

集会 14:00-16:30

茨城県県南生涯学習センター 小講座室1(土浦市大和町9-1 ウララビル5階、JR常磐線土浦駅 西口ペデ直結 Google マップ

・参加費 ¥500(困窮者無料、ご遠慮無用)

・お話/  小倉 利丸 さん 元富山大学教員(経済学) 現在は雑学者、ソーシャル・ダダイスト サイトツイッター

: 働かない権利のために

伝統的労働組合の外に発生したイタリア・アウトノミア(=自律)運動とアントニオ・ネグリらによるその理論化に日本でいち早く呼応しつつ、マルクスの諸概念を読みかえ現在へと接続する作業(労働による人間解放という労働神話の解体、生産/消費の二分法の溶解、非物質的労働への考察、資本の全「社会」化と搾取の全面的心/身体化etc)と同時に、グローバル資本主義との階級闘争を闘う未知の主体が形成される場を世界に追い求め続けてきた思考者/アクティヴィストの小倉さんに、(反)労働の現在を語ってもらいます。働くのはよいことだとあなたは本気で思っているのか?

 

デモ 17:00- 土浦駅西口より出発

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

働くのが嫌だ」と言うとよく叱られる。なんでだろう。みんなそんなに働くの好きか? 金がないから仕方なく働いてるんじゃないの?

▲働いて豊かになれば幸せになれると教えられて私たちは育ったけど、豊かになっても幸せにはならないし私たちは死ぬまで働かなきゃならない。金がなければ生きていけないからだ。「死ぬまで」は比喩じゃない。年金が出る保障はなく、いやその前に年金かける金もなく、生活保護は門前払い、何歳になっても心身をすり減らして働かなきゃならない。フツーに職についたつもりが過労死したり自殺したり。生きるために働いてたはずなんだが、どうしてそんなに追い詰められるよ?
 
無職はお国の寄生虫ってスローガンが戦中にあった。ふざけんな、逆だ。一億総活躍」無理やりさせてまで上前はねる魂胆の「お国」が私たちの寄生虫だ。2ch じゃニートを「ウンコ製造機」と言うらしいが人はみな文字通りウンコ製造機だし、こんな社会で働くのがイヤになって、働けなくなって引きこもったりするの はごく当たり前の反応じゃないのか?

労働は貴いものという前提を疑おう。働くのがイヤだ大きな声ではばかることなく、おもいきり街に向かって言ってみよう。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

茨城反貧困メーデー2009年から毎年おもに県南部で開催している、どんな上部団体にも属さない、誰でも参加できる県内唯一のインディーズ(独立系)・メーデーです。今年の実行委員会のメンバーはあらゆる形態の非正規労働者、ワーキングプア正社員、失業者無職、生活保護受給者、主夫などなど。<働くこと(/働かないこと/働けないこと/働きたくないこと/etc...)>という人生の難問を軸に自分と人とその中で生きている社会のことを仲間と話し合い、考え、そして言いたいこと・やりたいことのできる場として活動しています。集まれ、孤独な知らない友だち。

 

主催/茨城反貧困メーデー2016実行委員会

ブログ: http://ibarakiantipoverty.hatenablog.com/ ツイッター: https://twitter.com/ibaraki_mayday

お問合せ メール:ibarakiantipoverty@yahoo.co.jp 電話:090-8441-1457加藤/080-5459-9576鈴木

f:id:ibarakiantipoverty:20160427234123j:plain

f:id:ibarakiantipoverty:20160427234154j:plain